オリジナルトークンを保有してTokenPassの限定公開記事を読む方法

仮想通貨(暗号通貨)にハマっています。

最近はカウンターパーティーによるオリジナルトークンに注目しておりまして、その中でもトークン保持者のみ読めるというTokenPassのトークンフォーラムという仕組みが非常に面白いです。

現在、3人ほどの限定公開記事を購読させてもらっています。

今後は著名人が発行したトークンを持っている人(ファン)だけが読めるコンテンツというファンクラブのような形がくるんじゃないかと期待できます。

現状はSynapseのような月額課金のオンラインサロンとかありますけど、こういったサロンが全部置き換わるんじゃないかと思ってます。

そこで、どうやってオリジナルトークンを保持して限定記事を読むという流れを実現しているのか紹介したいと思います。

前提条件としての知識

その前に前置きなのですが、

  • ビットコインの購入方法が分かる
  • ビットコインの送金方法が分かる
  • カウンターパーティーで使われてるトークンの意味が分かる

こんな感じの知識がある人に向けて書いています。
また今回は1番カンタンだと思うIndieSquareを使っての方法です。

Tokenpassで限定公開記事を見る流れ

手順としては下記のような流れになります。

  1. IndieSquareをインストールする
  2. ビットコインをIndieSquareに送金して、ビットコインを寄付する
  3. 寄付した分のオリジナルトークンを発行者から受け取る
  4. Tokenpass でアカウントを作成する
  5. TokenpassにIndieSquareを接続する
  6. Forumにアクセスして記事を確認する

では順に説明していきます。

1.IndieSquareをインストールする

こちらのアプリをインストールします。

IndieSquare Wallet
IndieSquare Wallet
開発元:Yuta Hoshino
無料
posted with アプリーチ
2016 10 08 15 57 56

ビットコインを寄付する

TokenPassで限定記事を書いている人は自分のオリジナルトークンを発行しています。

そのトークンをもらう為にビットコインを寄付します。

例えばビットコイン&ブロックチェーン研究所の大石さんのブログには下記にTipMeという送金するためのボタンが設置されています。

スクリーンショット 2016 10 08 15 59 46

これをクリックすると寄付画面になりますので、トークンをもらうために必要な量のビットコインを送金しましょう。

トークンの名前はオリジナルなので発行者によってそれぞれ異なります。

スクリーンショット 2016 10 08 16 00 32

大石さんのケースですと、DOUBLEHASHというトークンを発行しています。
1DOUBLEHASHを0.1ドル(約10円)分のビットコインを寄付すると発行してくれます。

400DOUBLEHASHが限定記事を読む条件なので、計算して送金しましょう。(多めに送金しても何ら問題ないです。)

直接トークンを購入することもできます

また、IndieSquareのアプリ内に売買する取引所があります。
こちらで直接トークンを手に入れてもOKですね。

2016-10-08-16-05-30

しかしあまり取引所が活発でないので、寄付してトークンを発行してもらうのが1番手っ取り早いです。

寄付した分のオリジナルトークンを発行者から受け取る

寄付が終われば、発行者からトークンが送られてきます。

しばらく待てば発行されます。
もし数日たっても音沙汰がないのであれば発行者の方にTwitterなどで問い合わせてみましょう。

IndieSquareをTokenPassに接続する

これでトークンを手に入れることができました。
ファンクラブの入会条件であるトークン量を持っているよー、という証明が必要なので、TokenPassにその情報を渡します。

TokenPassにIndieSquareウォレットの情報を接続することで、自分の保持しているトークンの種類や量を証明するというわけです。

Tokenpassでアカウントを作ってログインをします。

ダッシュボード画面の上部に「POCKETS」があるのでクリック。

スクリーンショット 2016 10 08 15 39 11

右上の「ADD POCKET」をクリック

スクリーンショット 2016 10 08 15 39 22

下に現れたQRコードをIndieSquareアプリで読み込みましょう。

スクリーンショット 2016 10 08 15 39 41

これだけで接続完了です。カンタンですよ。

スクリーンショット 2016 10 08 15 39 50

限定公開記事を確認する

これだけの手順で限定公開記事を確認することができます。
フォーラムのダッシュボード画面に自分の保有しているオリジナルトークンの一覧、保有数が表示されるので、確認もできます。
Dashboard Home | TokenTalk.org

こんな感じで表示されます。

スクリーンショット 2016 10 08 15 40 42

ちなみにあのホリエモンもオリジナルトークンを発行してますからね。
これからの取組みに期待です。

トークン保持者であれば限定公開記事が見れます

発行者が定めた量のトークンを所有していれば、こちらに記事が表示されるはずです。

スクリーンショット 2016 10 08 15 41 14

もし、指定のトークンを持っていなかったり、保有数が足りない場合は記事を読むことはできません。

スクリーンショット 2016 10 11 22 21 25

以上、オリジナルトークンを保有して限定公開記事を読む方法です。

オリジナルトークンの価値は発行者によって決められています。
また発行者の権威や知名度や実力、バックボーンによってトークンの価値を市場が決めます。

これはもう一個人の名義を株式上場させるような仕組みですよね。
また、自分で発行量をコントロールできるので市場原理も働きます。

極端な例ですけど、超有名なアーティストがトークン100個分を発行して、「トークンを持ってるやつに新曲のPVを限定先行公開するぜ!」ってなったら価値は暴騰しますよね。

また、ファンをやめたらトークンは売ればいいし、それを欲しいファンがまたトークンを買う。
そのアーティストの人気でトークンの価格も自然に変動していくでしょうに。

今回の限定公開記事にしても、読者が期待した内容だったら、トークンの価格が適切と思えますし、ゴミみたいな内容だったら自然と価値はなくなっていくと思います。

これは本当に面白い仕組みだなーと思いますよ。
ぜひ、今回紹介したようにまずはオリジナルトークンを手に入れてみて、限定公開記事を読んでみてください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で