6年使っても全く飽きない!そんなぼくのTwitterの使い方を紹介します

なんとTwitterを始めてもうすぐ6年が経ちます。→でぐ@台湾

スクリーンショット 2016 03 02 16 27 58

1つのサービスを6年も使い続けたのは初めてです。

どうして飽きないのだろうと不思議です。
他の人はTwitterをどう使っているんでしょう?

今回は6年間Twitterが全く飽きない、そんなぼくの使い方を紹介してみようと思います。

Twitterはナンパツールとして使い始めた

そもそもTwitterを使い始めたころは、ナンパツールとしての使い道だったと記憶してます。
出会い厨だったんです、すみません。

当初は結構女の子もTwitterブームにのっかっており、近場の女の子と知り合えることも珍しくなかったですね。
仕事の合間にTwitterチェックしてました。

いま思い返すとキモいですね。

ブログブームのころから情報収集ツールとして使いはじめる

Twitterを情報収集として本格的に使い始めたのはブログブームのころだったと記憶してます。

2012年ごろ、おっぱさんうしぎゅうさんゴリさんなど、ブロガーとして有名になっていった人を中心にフォローしてました。

このころに、
「有名ブロガーをフォローして、そのブロガーに公開返信をしているアカウントを片っ端からフォローする」
こういうやりかたで、かなり多くのブロガーをフォローしたのがTwitter本格利用の開始です。
この時はブロガーであるTwitterアカウントを80個ぐらいフォローしました。

その時にフォローしたアカウントのツイートから、ブログを書くためのノウハウ、WordPressの使い方、バズらせ方・・・など色々なことを勉強させてもらいTwitterの面白さにどっぷり浸かっていったのです。

Twitterの価値は?

Twitterを使っていくうちにこう思いました。

Twitterの価値は「リスト」にある、です。

これはぼくのTwitterアカウントで作っているリストなんですが、ジャンルによってフォローしている人をカテゴライズしています。

スクリーンショット 2016 03 02 16 21 19

こんな風に。

Twitterのリストをどう使うか?

  • キュレーションリストとして使う
  • 特定分野の会話、公開返信から学ぶ

この2つの使い方をします。

興味がある分野、キーワード、話題でTwitterのリストを作る

たとえば、最近ぼくはビットコインや仮想通貨に使われる技術であるブロックチェーン、などの話題に注目しています。

Twitterで「ブロックチェーン」で検索したりすると、それに関連したツイートしている人を見つけられるんです。

そのツイートを眺めながら、気になったTwitterアカウントをどんどんリストに入れていきます。
リストを見ながら、関連しているTwitterアカウントもリストに。

こうしていくと、そのリストから「ブロックチェーン」から派生して「ビットコイン」「イーサリアム」など関連したキーワードが見えてきます。

新しくキーワードが見えてきたら、またそのキーワードに関連したツイートをしているTwitterアカウントをリストに入れていく・・・この繰り返しです。

こうしてリストの中には、キーワードや、話題に関する鮮度の良い情報がツイートされたりするのです。

何だか言葉ではうまく伝えられないですね。

実際につくったTwitterのリスト「アフィリ界隈」

実際に作ったTwitterリストの例を紹介してみます。

ちょっと前に、アフィリエイトに興味があって、アフィリエイターをチェックすべくリストを作りました。

その過程を紹介します。

まず、アフィリエイト野郎という有名なアフィリエイトの手引サイトを作っているパシさんをフォローし、「アフィリ界隈」というリストに入れました。
アフィリエイト野郎

パシさんのツイートを見てると、ゼミ長さん水野さんなど他の仲の良さそうなアカウントを簡単に見つけることができます。

こういう人たちをまた「アフィリ界隈」のリストに入れていきます。

また、こんな風にリスト内でリツイートしてる人や、公開リプライを見かけたら、そのTwitterアカウントをリストにいれていきます。

スクリーンショット 2016 03 02 16 46 46

これを繰り返していくと、アフィリエイトの話題に絞ったリストが出来ます。
こういったリストを作ってウォッチしていくと、ネットの検索にはないような情報や、動向をキャッチすることができます。

スクリーンショット_2016-03-03_16_53_05

こういった風にリストを作って眺めていると、アフィリエイターの人がシェアしている情報や、会話の中にあるノウハウを学ぶことができるんです。

例えば、アフィリエイトリストを見ていて知ることができたことは下記のようなものが。

  • サイト公開という自分のアフィリエイトサイトを公開してみてもらう、というような活動を目にすることができた
  • 8割ぐらいの人が成果が上がらなくて苦しんでいる雰囲気を感じられた
  • アフィリエイトのノウハウをツイートしている人がいた(手法・作業時間・心構え)
  • アフィロックというアフィリエイターの地域オフ会があることを知った

こういった風にGoogle検索をしなくてもTwitterのリストを見ているだけで色々なことを知ることができます。

ネットで検索して出てくるような記事やブログと比較してTwitterはより泥臭い部分も拾えるのも良いところですね。

リストをフォローできるように公開してあるのでよければリストの世界を眺めてみてください↓
@DEMI1202/アフィリ界隈

ブログが過去の情報だとしたらTwitterのツイートはまさに「今」の情報だと思います。
この「今」を眺めるのが楽しい、それがぼくのTwitterが飽きない理由なんだろうなぁと。

もし、惰性で何となくTwitterをやっていて面白さを感じないのであれば今回紹介した「気になるキーワード・話題でリスト作り」をやってみてはどうでしょうか。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です