これは使える!Facebookに流れるニュースやスポット情報を、あとで読む方法

Facebookに流れてるニュースを「あとで読みたい」と思ったことはありませんか?

そんな人に朗報。Facebookにニュースをあとで読めるように保存しておける機能が追加されてます。

Facebook reading 4

Facebookのあとで読むを実現する「保存」の使い方

使い方はとても簡単。
下記の画像のようにFacebookのフィードに流れるニュース記事を「投稿を保存」するだけです。

Facebook reading 2

自分の保存した情報はココに

「投稿を保存」でストックした情報はトップページ左カラムにある、「保存済み」から見ることができます。

Facebook reading 3

このように今まで「投稿を保存」した情報が確認できます。

Facebook reading 5

ニュースなど、情報のほかスポット情報もあとで確認できるように保存できます。
下記は台湾で行われているワンピース展のスポット情報を保存してみたものです。

スクリーンショット 2014 08 24 23 51 04

Facebookアプリでも保存した情報を確認可能

もちろんスマートフォンのFacebookアプリから保存した投稿の情報を確認できます。

Facebook reading 7
2014 08 24 20 58 05

PCでFacebookを確認して、気になった情報を保存しておいて移動中にスマートフォンで確認、ということが簡単にできますね。
ただ、スマートフォンアプリのFacebookアプリからは「投稿を保存」ができませんでした。※iPhoneアプリで確認。

なのでPCでFacebookを見ている時に「投稿を保存」することになります。
近いうちにスマートフォンアプリのほうからも出来るようになるとは思いますが・・・

まとめ

  • Facebookで気になった情報は「投稿を保存」でストックしておける
  • もちろんスマートフォンのFacebookアプリからもストックした情報を確認できる
  • 現時点でスマートフォンのFacebookアプリからは「投稿を保存」ができない

Facebookを頻繁に確認するユーザーには良い機能だと思います。

また、イベントや、スポット情報(チェックイン)など気になったことをまとめてストックしておけることで、「あの情報なんだっけな・・・?」と遡ることもなくなりますね。

ではまた!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で