知らなんだ!iTunesカードはMacのカメラで読みこませれる!

割りと今更なネタなんですが、感動しました。

iTunesの残高チャージをMacのカメラで出来る

iTunesの残高がなくなったので1万円分ほどギフトカードを買いました。


Itunes 5

本来は、このカードの裏にあるシリアルコードを入力して残高チャージをするんです。
ですがなんとMacのカメラにシリアルコードを映すだけでチャージできてしまいました。

MacのカメラからiTunesの残高をチャージをする方法

AppStoreを開いて下記の「iTunes Card/コードを使う」をクリックします。


Itunes 1

すると、こんな感じで「コンピュータのカメラを使ってギフトカードを使用する」という説明が。

ここでカメラを使うを選択します。


Itunes 2

iTunesギフトカードの裏にあるシリアルコードをこの様にかざすと一瞬でコードを認識しました。

結構カメラとの距離があったのに2秒ぐらいで認識したのには驚きです。


Itunes 3

ギフトコードの入力間違いもないし、これは便利だわ。

きっちり残高がチャージされていました。


Itunes 4

こういう地味に便利、ってやつが好きです。
なんでもないことなんですが、こういうところにもユーザーを楽しませる心があるのがAppleなんですかね。

他のギフトカードとかは全部コード手入力のやつしか経験したことがなかったので新鮮でした。
Macユーザーの方でiTunesギフトカードを手に入れることがあったら是非体験してみてください。

ではまた!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で