[一部修正]意外と知られていないGmailの裏ワザ知ってる?

有名かと思ったら意外と知られていなかった、Gmailのちょっとした小技。

1つのアドレスを複数のアドレスにできる


Gmail 1

Gmailは1つのアドレスで複数のメールアドレスを作ることできるんです。

つまりこの方法を使うと、Webサービスで複数のアカウントを作りたいときに、メールの受信先を一元化が可能ってわけです。

今回は、
「demiblog12◯◯@gmail.com」という架空のGmailアドレスを例にとって解説します。

「 . 」と「+」を自由に使える

Gmailはアドレスの@マーク以前ならどの箇所に「 . (ピリオド) 」「 + (プラス)」を入れても同じアドレスにメールが配信されます。

例えば・・・・

「 . 」を使う

demiblog.12◯◯@gmail.com

demi.blog12◯◯@gmail.com

demiblog12.◯◯@gmail.com

こんな風にメールアドレスにしても「demiblog12◯◯@gmail.com」のGmailアドレスにメールが届きます。

「 + 」を使う

[追記]
下記の方法はできません。すみません。

demiblog+12◯◯@gmail.com

demi+blog12◯◯@gmail.com

demiblog12+◯◯@gmail.com

これも同様に「demiblog12◯◯@gmail.com」のGmailアドレスに届きます。

[更に追記]
下記の方法ならば可能、とのことです。

demiblog12◯◯+001@gmail.com

demiblog12◯◯+002@gmail.com

メールアドレスと@マークの間に「 + 」を入れて好きな文字列を入力。

複数アカウントを作りたいときに便利


Gmail 2

このGmailの小技はWebサービスなどで複数のアカウントを作成したいときに便利です。

WebサービスのアカウントID作成には、1つのメールアドレスが必須であることが多いですよね。

そのたびに違うメールアドレスを用意するのは不便です。

この方法なら、同じようなアドレスにできて覚えやすいですし、受信先を1つに出来るのが便利です。

注意!!

ただし、どのWebサービスもこのアドレスを使えるわけではありません。

「 . 」はだいたいOKなのですが「 + 」の記号に対応していないフォームが多いように感じます。

なので試すときには「 . 」の方を先に試してみてください。

以上、Gamilの意外と知られていない裏ワザでした。
ではまた!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で