[追記]これが1番楽な方法!Googleの検索結果にブログの著者情報を載せる方法

Googleで検索した時に著者情報があると目立ちますよね。

自分の顔写真付きで記事が表示されるので目立つ&信ぴょう性が高まります。
結果、ブログへの訪問確率があがるというわけですね。

Google 7

小さなことですが、大きな影響を与えます。
やっておきましょう!

検索結果に著者情報を載せる方法

今回はWordPressのプラグインである「All in One SEO Pack」を利用して設定する方法を案内しています。
ソースコードをいじることもありませんし、これが現時点(2013.11.26)でおそらく最も楽に設定が出来る方法だと思います。

  1. All in One SEO PackにGoogle+のアカウントを入力
  2. Google+のプロフィールの「リンク」にブログの情報を入力
  3. Googleのウェブマスターツールで反映を確認
  4. 2~3日待つ

では解説していきます。

All in One SEO PackにGoogle+のアカウントを入力

WordPressにインストールしたAll in One SEO Packの設定画面を開きます。

Google 1

下のほうに「Google Plus Default Profile」という項目があります。
ここに自分のGoogle+アカウントのURLを入力します。

Google 2

Google+のアカウントURL確認方法

Google+のアカウントURLがわからない場合は、Google+で自分のプロフィールページを開きましょう。

Google 3

このURLを使用します。

Google+のプロフィールの「リンク」にブログの情報を入力

次にGoogle+のプロフィールに自分のブログの情報を登録します。
プロフィール欄にある「リンク」の編集をクリック。

Google 4

「寄稿先」という欄があります。リンクではないので注意。

ここに自分のブログURLを入力します。ラベルにはブログ名を入力しましょう。

Google 5

Googleのウェブマスターツールで反映を確認

ここまで設定を終えたら、正しく設定が反映されているかの確認をします。
下記のリンクにあるGoogleのウェブマスターツールを使います。

http://www.google.com/webmasters/tools/richsnippets

URL欄に自分のブログURLを入力してプレビューで確認。

Google 6

Google+で使っているプロフィール写真が反映されていればちゃんと設定ができています。

あとは2〜3日待つ

あとはGoogleがクロールしてくれるのを待ちます。
他の方のブログなどの情報によると2〜3日ほどで反映されるようです。

当ブログでも反映されたら追記します。

簡単にできて、検索結果からのアクセス流入に大きな影響を与えますので、是非やっておきたい設定ですね!

ではまた!

追記

Googleから著者情報のマークアップ完了のメールが来ました。


Google 1

Googleで検索したときにちゃんと著者情報が出ていますね。


Google 2

各記事を検索した結果もちゃんと出てたので一安心です。

かなり簡単に設定ができるので、是非やっておきましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で