Evernote

世界初の双方編集!Evernoteの名刺管理アプリの決定版「Cardful」

投稿日:2013年5月7日 更新日:

Evernoteで名刺管理をしたい方、お待たせしました。
Evernoteでの名刺管理アプリの決定版「Cardful」の紹介です。

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ビジネス
App Storeでダウンロードする。

「Cardful」とは?

ソースネクスト社が開発した世界で初の双方向に編集可能な名刺管理アプリです。
http://www.sourcenext.com/product/ios/use/i_use_000832/

Cardful|iPhone/iPadアプリ:名刺整理|ソースネクストサイト
「Cardful(カードフル)」は、世界初のEvernoteとの双方向に情報編集が可能な名刺管理iPhoneアプリケーションです。

2012年の「Evernote DEVCUP」というコンテストでも表彰されているみたいですね。
スクリーンショット 2013 05 07 20 45 54

【Cardfulの使い方】

ということで早速使い方を!
アプリを起動し、Evernoteと連携を済ませます。(スクショ撮り忘れましたごめんなさい)
「名刺の追加」をタップします。

1

カメラが起動して名刺を撮影出来ます。
左右のグリッドを名刺の端に合わせましょう。試しましたが、タテでもヨコでも大丈夫です。

2

撮影が完了すると、名刺を認識するために四隅をあわせる画面になります。
4つの輪をそれぞれの名刺の角にあわせたら「完了」をタップします。

3

Cardfulは名刺の文字を読み取ってくれます。

もちろん名刺管理アプリなので文字認識もバッチリ!名前、電話番号、住所と読み取ってくれます。

4

ただCardfulの自動認識も完璧ではありませんので、認識違いの文字もあります。
その場合はこの画面でそのまま修正も可能です。

5

フィールドの追加

名刺管理に基本的な項目(氏名、住所、会社名、電話番号)は初期表示されていますが、そのほかの項目をフィールドの追加で可能です。
「ニックネーム」「役職」「部署」などのフィールドが追加できます。

67

メモの追加

名刺と一緒にメモも追加できます。
名刺をもらった時にはその人の特徴なり、あった場所や経緯をメモするとあとから思い返しやすいですよね。
僕は中肉中背なんす。

8

Evernoteと双方間で編集が可能!

これがEvernoteと連携する名刺管理アプリの決定版たる理由です。
一見当たり前の機能なんですが、この「Cardful」でしか出来ない機能です。

13

iPhoneで名刺を撮影して、Evernoteで誤字の修正、補足をしていくと楽ですよね!(´∀`)

名刺は「検索」で探します

これがこのアプリの残念なところです。
名刺は「作成日」と「更新日」でしかソートできません・・・名刺管理なら名前順や住所順などのソート方法があるといいんですけどね。

しかし、名刺内にある情報(電話番号)で検索はできるので名刺を探すのは検索がベースとなりそうです。

10

呼び出した名刺から電話、メール、地図まで開ける!

これも便利そうな機能ですね!名刺から電話やメール、地図アプリ連動が可能です。

スクリーンショット 2013 05 06 23 14 43  mini

【無料版とアドオンについて】

Cardfulは無料で使えますが、名刺の読み込み枚数に上限があります。
上限を開放するにはアドオンを追加購入剃る必要があります。

11

Cardfulをダウンロードした月は40枚/月の名刺を読み取れますが、次月からは10枚/月まで制限がかかってしまいます。

その制限を解除するのにアドオンを購入する必要があります。購入すれば名刺の読み取りは無制限になります。
制限解除のアドオンは6月30日まで170円で購入でき、それ以降はなんと1,200円になります(゚Д゚)

12

あまりにも値段があがるのでついアドオンを購入してしまいました・・・
でも現時点でEvernoteでの名刺管理アプリのベストなのでガンガン使っていこうと思います!

Evernoteで名刺管理をしたかった人にオススメのアプリです!
是非ダウンロードしてみてください。

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ビジネス
App Storeでダウンロードする。

ではまた!

-Evernote
-, ,

Copyright© Demiblog , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.