Evernoteへ自動的にクレジットカード利用メールを転送する方法

世間はすっかり夏休みモードですねー。
みなさんいかがお過ごしですか(゚Д゚)

今日はEvernoteの利用方法の1つを紹介します(`・ω・´)
GmailやHotmailなどメールを使っている人におすすめの利用方法です。Evernoteには指定のメールアドレスにメールを送るとノートを作成させてくれるという超便利機能があるわけですよ。これを使います。

ちなみに自分のEvernoteへのメールアドレスはこのように確認できます。
[Evernoteへログイン]→[設定]→[アカウントの概要]

このアドレスにメールを転送すると、こんな感じでノートを自動的に作成してくれます。
自分は、クレジットカードの請求、メルマガ、ブログのアクセス解析レポートなどいろいろなメールをEvernoteに転送しています。

設定方法は簡単です。
今回はGmailでのやり方を紹介しますが、たいていのメーラーであれば自動転送機能はついていることでしょう。

Gmailの設定画面を開きます。意外に設定画面を開く方法がわかりづらいんだよな・・・
メール自動転送を行うために、フィルタを作成します。

フィルタを作成するときに、条件となるメールアドレスを設定します。
例えば楽天カードの請求メールとかだと、〜〜@mail.rakuten-card.co.jpできますよね。

ここで、メール転送先を先ほどのEvernoteで確認した転送用のメールアドレスを入力します。
アドレスは〜@m.evernote.comのようなアドレスになると思います。

この自動転送を設定したら、もうあとは自動的にEvernoteにノートが出来上がっていきます。
自動作成を停止したい場合は、このメール自動転送設定を解除するだけです。

今回は自動転送の設定方法を案内しましたが、普段のメールのやりとりでEvernoteに残したいものが
あれば、それもEvernoteのメールアドレスへ転送すればOKなんです!

Evernoteは自由度が高い分、何に使うか、何の情報を集めればいいのかがわからなくなりがちです。

そんなときは、「何をEvernoteに集めるか」という頭の中のフィルターを取っ払って、とにかく何も考えずにEvernoteに情報を集めるのがいいんじゃないかと思います。

何も考えずに情報を集めまくってカオスになったEvernoteの中をあとで、整理すればいいんです。
これがまたけっこう楽しいんですよ( ๑•ૅω•´๑)b

これからもEvernoteの活用方法についてブログで書いていこうと思います。

ではまた!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です